働き方デザインLab.

ウーヴルが考える働き方デザインとは

人生の中で最も長い時間を過ごす職場で、
働く人が、活き活き・キラキラと輝くことができる職場環境において、
対話を以て、組織をデザインすることを、働き方デザインと考えています。

職場環境は、人が創ります。
そして、その良しあしは人の価値観にまで影響していきます。
キラキラと活かされる職場からつくるいい仕事は、
対話から生まれます。
そして、その対話は多様であるほどに、磨かれていきます。

このLab.(らぼ)は、

社員が「この会社が好き、この仕事が好き、ここが好き」と思える職場環境を、
専門家はもちろんのこと、さまざまなプロフェッショナル、そこで働く人たち、絵本や書籍から学びながら、働き方を追求していきます。

ウーヴルは、創業以来

ES/CS改善アドバイザーとして、様々な業種の中小企業に関わり、
そこで、働く多くの社員様と一緒に
ワクワク・イキイキ・キラキラと働く環境づくりとお客様に愛される仕事について、
考え、チャレンジしてきました。

働き方デザインLab.が目指していくこと

こうした、社員がワクワク・イキイキ・キラキラと働く職場環境は、
企業頼みにするのではなく、「私たちの働き方次第!」を
多くの企業で体現してきたその実績をもとに、

◎強固なチーム作りと
◎次世代リーダーづくり

を目指し、2017年に対話型組織開発ができるラキラ社員のプログラムを発売しました。

AI時代になろうとも、人が人を豊かにするこの関係性は永遠です。
自社のサービス・商品が、お客様という人に届けられる以上、
人は、人との関係性作り=コミュニケーションにおいて、
磨き続けていくことが求められます。

このコミュニケーション力を高めるためのトレーニングの一つとしてある
キラキラ社員のプログラムを中心に、

各専門家などのアドバイスを以て、
このLab.(らぼ)で、働く人が主体的に幸せになることを考えて参ります。

 

コメントは利用できません。